発酵食品の効果とは

以前は習慣として食べられてきた様々な発酵食品に、驚くべき健康効果・美容効果があるということが近年の調査研究により次々と実証されてきています。

ヨーグルトの健康効果はかなり有名ですが、日本に昔からある発酵食品の味噌・醸造酢・納豆・ぬか漬けをはじめ、すっかり日常の食事に定着したキムチやチーズ、それにワインやビールも発酵食品です。過去にはブームになったものもありますが、そもそも発酵食品が体に良いというのはどうしてなのでしょうか。

発酵食品には、ある食材を発酵させる元となった細菌がいます。発酵食品がおいしくなるのを助けるばかりでなく、そうした細菌は私たちの体内に入ると腸内で善玉菌の活動を助け、腸内環境がよくなります。

腸内環境がよくなると私たちの体は代謝がよくなり、免疫力などもアップします。また発酵食品そのものにβカロチンといった抗酸化の効果がある栄養素が含まれているのでアンチエイジングにも効果が期待できます。

発酵食品の健康効果を最大限活かせる食べ方は、毎日継続して色々な種類のものを食べることです。ある調査でヨーグルトだけ食べた場合と色々な発酵食品を食べた場合を比較したところ、色々な種類の発酵食品を食べた場合の方が、腸内環境がよくなったという結果がでたそうです。

発酵食品は調味料やご飯の友といった食材が多いので、そんなに難しいことではありません。意識してバランスよく色々な発酵食品を食べるようにして、健康効果・美容効果をアップさせましょう。

またもっと手軽に発酵食品を摂取したいという方にはサプリメントで摂取する方法があります。最近話題になっている善玉菌のチカラなども乳酸菌、いわゆる発酵食品のサプリメントです。

サプリメントですから持ち運びにも便利なので旅先などでも簡単に発酵食品を摂取することができます。