キムチパワー

キムチと言えば韓国の常備食。というよりも、彼らはこれが無いと、おそらく生活できないのではないかというくらい食べていますよね。
そして、このキムチは発酵食品だということは皆さんもご存知だと思いますが、このキムチをどんな時に食べると良いか、それが、女性が特に悩んでいることに使えるのです。
それは、便秘の時にキムチを食べることです。

キムチには乳酸菌が含まれています。その乳酸菌はお腹の調子を整えてくれるものだと、よく言われていますよね。
乳酸菌がお腹の中の水分を調整してくれるのです。便秘の時にお水を飲めと言われますが、便秘はお腹の中に水分が足りていないことから起こるものです。
キムチを食べれば、乳酸菌がはいっているので、その水分量を調節してくれ、便秘が治るというわけです。
しかも、白菜のキムチであれば、白菜にもたくさん水分が含まれていますから、さらに水分がお腹にたまり、便秘を解消してくれます。
ただし、チリがはいっていますから、食べ過ぎは少々刺激が強いので程々にしましょう。