発酵食品は日本古来の食品に多いです

発酵食品はもともと昔から日本にあったものに多いですね。普通に使ってたはずなのになぜ今発酵食品なのでしょう。
納豆、味噌、漬物、お酒などなどこれらの発酵食品と呼ばれる食品には乳酸菌が豊富でおなかの調子を整えてくれます。昔の人はサプリメントなどなくても食品で腸をきれいにする術を知っていたのですね。近年は加工食品ばかり食べ、これらの発酵食品を口にしない若者もたくさんいるのではないでしょうか。
加工食品で腸はドロドロ。私は便秘の方ではなかったのですが、腸は第二の脳と聞いてから、腸をきれいにすることが全身の健康につながるのかなと考えるようになりました。それに発酵食品は人間が生きていく上で不可欠な酵素を豊富に含みます。酵素が不足すると生命活動の処理能力が衰えます。
酵素は食べ物を消化し、外に出すのを手助けしてくれますが、不足すると停滞して食べ物が腸の中で腐敗して毒素を出してしまいますね。
全身の病気を予防するためにも腸をきれいに整えるためにも昔ながらの発酵食品をこれからも上手にとっていきたいと思います。