納豆を食べ続けて何十年

毎日と言っていいほど納豆を食べていますが、一度いろいろなスーパーにある納豆を全種類食べてみたいと思ったことがあります。大手のメーカーで作ったものはよく見かけますが、その土地でしかないものも食べてみたいと思いました。

スーパーでよく売られている納豆はいろいろ進化しています。タレとからしがついていたものが、タレがジェル状になって最近は上蓋をパキッと割るとタレがでてくるしくみになっており、手をよごさず食べれ便利です。豆もひきわりや、サイズも大、中、小、黒豆など様々です。タレも昆布の刻んだものが入っていたり、大根おろしが混ぜてあるものがあります。逆にタレやからしがついていないものあります。値段はその分安いです。そんな種類の多い納豆の中でも私はひきわりタイプでたれが多めのものが好きです。

地方に旅行に行くとホテルででる朝食の納豆もまた、いろいろ種類があります。そう考えると日本全国に一体どのくらい種類があるのだろうと思ってしまいます。田舎の方に行くとお値段はやや高いですが、手作りでおいしい納豆があります。おじぃちゃんやおばぁちゃんが毎日食べているみたいでそれを食べているからかとても元気です。昔からある発酵食品、特に納豆は健康を保つための良い食品だなとつくづく思います。いろいろな効能もあるみたいだし、これからも納豆をとりいれた食生活をしていこうと思いました。