お肌つやつやの元

キムチやヨーグルト、チーズ、納豆など発酵食品は、一般的に匂いが独特でどちらかというと好き嫌いが分かれる匂いの食品です。特に納豆などは、好き嫌いが分かれます。でもしかし、大豆には、イソフラボンが含まれており、これは女性ホルモンのエストロゲンに似た作用があるため、新陳代謝を高めてくれる効果や、髪の毛や肌につやを与えてくれたりする作用もありますし、自律神経の作用を整えてくれる作用もあり、肌や、エストロゲンが減少してくる更年期の女性の精神的な面でも効果があるといわれています。そして発酵食品全般で、一般的に、よいといわれている理由が、腸の中の悪玉菌をへらし、善玉菌を増やしてくれる作用があります。腸の中で悪玉菌がふえると、老廃物がたまり、血行やリンパの流れが悪くなります、そうなると健康にも害が及ぶのですが、発酵食品は、そういった悪玉菌をへらし、体内に取り込まれた、老廃物を消化したり排出を打流役目があります。これがよいと呼ばれている理由です。

納豆は冷凍保存できるため、毎日食べる事ができます

発酵食品は体に良いですし、発酵食品=整腸作用=便秘改善効果が嬉しいですよね。発酵食品を毎日食べようと思った時に、頭に浮かんだのはヨーグルトです。

ヨーグルトは開封するまで日持ちがしますので、スーパーの特売日に500gパックのヨーグルトを大量に買っていました。
プレーンヨーグルトに、ジャムや果物を入れて、デザートとして毎日食べていたのですが、続けているうちに飽きてしまいました。

ヨーグルトの代わりになる、何か良い発酵食品は無いかと考えていたところ、テレビで納豆の健康効果について流れていました。それを見て、納豆が発酵食品だと気付きました。「納豆は体に良いので食べなさい」と子供の頃、親に良く言われましたが、匂いと粘つくところが、あまり好きではありませんでした。
でもテレビを見て、納豆を食べると健康に良いほか、美容にも良いと知り、「毎日納豆を食べなくては」と思いました。

納豆効果は冷凍しても変わらないと聞き、今度は納豆の大量買いが始まりました。
我が家は、冷蔵庫にも冷凍庫にも納豆が入っています。