乳酸菌は善玉コレステロールを増やしてくれている!

発酵食品といえば、一番ポピュラーに思い当たるものは乳酸菌です。乳酸菌の代表は、ヨーグルト。私は毎日朝食べるようにしています。しているというより、大好きで一日それを食べないと、何か忘れ物でもしたかのように思えます。全く生活の一部になってしまっています。血液検査で、私はコレステロール値がいつも高いのですが、善玉コレステロール値も高いので、悪玉コレステロール値も何とか制御できています。それもこれも、日常的に食べているヨーグルトのおかげではないかと信じています。
他の発行食品で思いつくのは、納豆の納豆菌、ぬか漬、酒かす、チーズ、みそなどですが、これらの中で食べているものは、納豆そしてチーズです。ぬか漬けやみそは血圧が高かめなので控えています。酒かすは食べたいのですが、何だか酔うような気がして、こちらも程ほどにしています。けれど、免疫力を高めてくれるといわれる発酵食品は、食べない手はありません。こうした食品を意識的に多く摂るようにした結果、花粉症も軽減して、風邪も全くひかなくなっています。

発酵食品

発酵食品と聞くと最初に私はキムチを思い浮かべます。
それは韓国ドラマの影響です。
韓国ドラマが好きでよく見るのですが、ドラマの中で食事のシーンになるとキムチがよく出てきます。
おいしそうにみんな食べるので、それまでキムチに興味がなかったけど、私もキムチを食べる頻度が高くなりました。
発酵食品を食べると腸内環境が整うと聞いたことがあります。
そして腸内環境が整うとお肌がきれいになるとも聞いたことがあります。
確かに、キムチをよく食べる韓国の人は肌が綺麗なひとが多いなという印象が強いです。
私はキムチをそのまま食べることもありますが、それだと飽きるので他の調理方法もします。
よくするのがキムチチャーハンです。
そのキムチチャーハンに、これまた発酵食品の納豆を入れて食べるのもおいしいです。
発酵食品尽くしでなんだかお腹にもいい感じで、なによりおいしいです。
キムチや納豆をよく食べるおかげか、私は便秘とかせずにお腹の調子もいつもいい感じです。